男性看護師のジェンダー

「ジェンダー」という言葉をご存知ですか?直訳すると性別のことですが、男性看護師から見たジェンダーはどうなっていると思いますか?総合病院や大学病院などの大規模な医療機関を中心に、男性看護師を採用する病院は増加傾向にあります。ところが、男性看護師を採用する病院と採用しない病院は、はっきりと分かれてしまっています。

国公立の大規模な病院は公務員と同じ体制を望まれるので、毎年採用する看護師の何%かは、男性看護師に割り当てられています。整形外科や眼科・精神科などの個人病院は、院長の方針によって男性看護師を受け入れているところもありますが、産婦人科や小児科などの個人病院の場合は、そのほとんどで積極的な採用はありません。特に産婦人科への男性看護師への壁は厚く、今後も採用されることはあまり期待できません。

これは生物学上仕方のないことですが、子供を産むことのできない男性に、女性患者さんの気持ちは理解できません。産婦人科に訪れる患者さんの中には、子供が欲しくてもできない不妊治療を受ける人や、女性特有の悩みで受診している人もいます。医師は治療する立場なので、男性でも大きな抵抗はありませんが、女性の立場からすればケアをする看護師が男性である場合、やっぱり想像以上の不快感や抵抗感があるのは否めません。

このように男性看護師がどんなに知識と技術を持っていようとも、医療機関ではこの「ジェンダー」を越えられない領域というものが存在しているのです。意識的なものなので関係ないと言えばそれまでですが、職場に女性の方が多いのは変えられない事実で、その環境に慣れることが、転職してからの最初の課題となります。

そうは言っても男性看護師を歓迎。と書かれてある求人なら、自分の他にも男性看護師が勤務している可能性があるので、環境が気になる方はその辺りも含めて、看護師専門転職サイトのコンサルタントに相談してみましょう。実際に何人の男性看護師がいるのか。今までに採用した実績があるのか。これはハローワークでは把握することができません。

休憩室やロッカールームもチェックしておきたいところなので、遠慮せずにコンサルタントに聞いてみて下さい。勤務条件についても女性は育児休暇がありますが、男性看護師にはない場合がほとんどです。でも、男性の育児休暇は国が認めるものなので、取得できるかどうかは各医療機関の判断となります。短時間勤務という選択肢もあるので、詳細な条件を確認するようにしましょう。

#