男性看護師の求人の募集はどこでされているのか?

男性看護師の求人は、一体どこで募集されていると思いますか?一般的にハローワークで募集されている求人は、女性看護師の場合が多いです。男性看護師の求人がないわけではありませんが、やっぱり割合的には8:2ぐらいで女性の方が多いと言われています。

募集されている診療科も、精神科や透析センターだけのようなイメージが付いてまわりますが、実際には小児科や眼科・外科・耳鼻科など幅広い診療科で求人されています。また、病院以外でも老人介護施設や献血センター・薬品メーカーなど、さまざまなところで男性看護師が募集されています。

特に注目したいのが薬品メーカーへの転職です。薬品メーカーは臨床現場ではないので、当然夜勤もありません。でも、新しい薬品や医療器具を医療機関へ営業するので、給料は高いですが、それなりの業務内容が要求されます。会社員から看護師へ転職した人は、医療業界以外の豊富な経験があるので、薬品メーカーとしても柔軟な対応ができる男性看護師には注目しています。

男性看護師の場合。女性とは違うので、パートやアルバイトの求人はあまり多くありません。掛け持ちして仕事をする場合もありますが、看護師の場合は体力的なこともあるので、正社員1本で転職活動をした方が良いです。将来的に結婚して家庭を持つならなおさら、目の前にあるすぐに採用してもらえるパートの求人に飛びつくのではなく、常勤正看護師となって役職を目指す方が、高収入を得ることができます。

時期的なこととしては、3月〜5月の間は全体的に転職活動が活発になるので、なかなか条件に見合う求人に出会うことが難しいかもしれません。でも、12月になると年末の区切りで退職する女性看護師も多いので、この時期から転職活動をスタートさせると案外条件にマッチングした職場が見つかる可能性もあります。全てが当てはまる訳ではありませんが、看護師不足の中にも求人数の増減する時期があるのです。

肝心な求人情報をどこで仕入れるかは人それぞれですが、いちばんのお勧めは看護師専門の転職サイトです。男性看護師の求人数が多いのもそうですが、男性看護師特有の悩みや問題にも対応してもらえるので、一度利用してみると良いでしょう。利用したからと言って費用が発生することはありませんし、当然転職サポートも無料で受けることができます。

#