男性看護師の定年

女性看護師の場合でも男性看護師の場合でも、定年の年齢に大差はありません。現在国で定められている定年の年齢は60歳以上ということになっているので、定年のボーダーラインは医療機関によって違います。国公立の病院の場合は、公務員と同じ規定となるので60歳で定めている場合がほとんどですが、民間の病院では65歳以上なっているところもあります。

定年の定義は年金の受給年齢に比例するので、今後年金の受給開始年齢によっては、65歳以上で定着する可能性もあります。また、定年制廃止という議論が表面化されていることもあるので、定年についてはまだまだ確定したものではありません。ただ、年金についての議論が先になるので、当分の間は60歳以上での定年が利用されることになりそうです。

高年齢者雇用安定法によって60歳以下になることはありませんが、定年後は契約社員の身分で、継続して業務を続けることができる場合もあるので、自分の希望する医療機関がどのような体制を取っているのか確認しておきましょう。また、個人で経営している病院については、勤務条件や勤務体制が自由に決めることができるので、70歳以上でも勤務できないわけではありません。一口に言えば個人病院は自営業の部類に含まれるので、院長の方針によって、60歳以上であればいつ定年を設定しても問題ありません。

男性看護師が業界の表舞台に登場したのは2002年からなので、現実的にはまだ定年を迎えた方はいないはずです。例えその男性看護師が50歳で看護師になったとしても、まだ9年しか経っていないので60歳には届きません。

求人情報には定年について記載のないものもありますが、男性看護師は気になる部分だと思うので、看護師専門の転職サイトを利用して確認して下さい。経済的なことを考えれば長く働けることが理想ですが、看護師は人の命に関わる職業なので、常識的に考えて高齢者と呼ばれる年齢に達したら、定年を意識せざるを得ないでしょう。

男性看護師だからと言って、女性よりも定年が先ということはありませんし、これから定年自体の制度が変わっていく可能性が高いので、転職サイトを随時チェックしておいて下さい。病院以外の介護施設や薬品メーカーなども同じスタンスなので、気になる方はコンサルタントに相談してみると良いかもしれません。

#